『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』サンプルデッキ紹介

 

今回の攻略記事は、8月28日発売の新タイトル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のサンプルデッキの紹介です!
今回は、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のスターターのみに収録されているS1-001「ベル・クラネル&ヘスティア」をメインキャラにしたデッキです。
「ベル・クラネル&ヘスティア」デッキは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する冒険者たちの力を合わせて戦う、アニメのイメージに近いデッキとなっています!
スターターデッキとブースターパックを合わせて組むことができるので、レベル・ネオを始めたばかりで、デッキの作り方がわからないプレイヤーも、今回の攻略記事を是非とも参考にしてみてください。

 

「ベル・クラネル&ヘスティア」デッキ

 

△S1-005「リリルカ・アーデ」 △01-061「リリルカ・アーデ」
△01-064「アーニャ・フローメル」 △01-080「ステイタス更新」

今回紹介するデッキは、相手のキャラを休息状態にする効果、相手のキャラにカバーされない効果を持つカードを使って、相手のメインキャラに積極的にアタックを行うデッキになっています。
S1-005「リリルカ・アーデ」や、01-061「リリルカ・アーデ」や、01-064「アーニャ・フローメル」の持つ効果で、活動状態の相手のメインキャラやサポートキャラを休息状態にして、相手のメインキャラのレベルダウンを狙っていく構築となっています!
また、上記キャラを休息状態にする効果とイベントカードの01-080「ステイタス更新」と組み合わせることで、コストの高い相手のサポートキャラにも勝利することができます。



△S1-001「ベル・クラネル&ヘスティア」

S1-001「ベル・クラネル&ヘスティア」は、『レベル・ネオ』初登場の、ゲーム中にメインキャラを入れ替えることができる効果を持ったカードです。
この効果を使用するとメインキャラが活動状態になるので、相手のサポートキャラからのアタックのターゲットにされません。レベル・ネオに覚醒したターンにメインキャラを入れ換えることで、相手のサポートキャラからのアタックを防ぎ、次のターンのアタックで勝利を目指しましょう!
メインキャラに入れ換えるキャラは、自身の効果でAPを上昇することができる01-001「ベル・クラネル」がオススメです!

△S1-002「ベル・クラネル」 △S1-003「ヘスティア」
△S1-005「リリルカ・アーデ」

S1-002「ベル・クラネル」や、S1-003「ヘスティア」、S1-005「リリルカ・アーデ」などのカードは、ゲーム序盤に登場しても強力な効果を持っていますが、《turnX》を満たした状態で登場させることで、同じターンコストの値を持つ他のキャラ以上に強力な効果を発揮することができます!

△01-017「ヘスティア」 △01-044「アイズ・ヴァレンシュタイン」


△01-075「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

01-017「ヘスティア」や、01-044「アイズ・ヴァレンシュタイン」は、相手のキャラにカバーされない強力な効果を持っているので、メインキャラと一緒にコンビアタックを行い、確実に相手のメインキャラのレベルを下げることができます!
自分のメインキャラのレベルを上げつつ相手のメインキャラのレベルを下げる動きは非常に強力なので、相手からカバーされないキャラとのコンビアタックを積極的に狙っていきましょう!

最後に紹介する01-075「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、自分のキャラ1枚にAP+2000を与えるだけでなく、自分のメインキャラのレベル1につきAPを更に+500上げることができる、非常に強力なイベントカードです。
レベルバーストで表になっても、レベル・ネオのバーストの値で最も高いAP+5000を与えることができるので、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のデッキを作る際は3枚必須のカードです!

おわりに

如何でしたでしょうか?
今回は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の「ベル・クラネル&ヘスティア」デッキを紹介させていただきました。
紹介した以外のデッキを構築することもできますので、是非とも買って遊んでみてください!!

banner_NEO