『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』サンプルデッキ紹介

 

今回の攻略記事は、11月27日(金)に発売されたタイトル『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』のサンプルデッキの紹介です!
今回は、『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』に収録されている01-001「忌ブキ」をメインキャラにしたデッキです。
「忌ブキ」デッキは、赤い竜と契約した「友達の魂を対価に敵を殺す」能力を再現した、アニメのイメージに近いデッキとなっています。
スターターデッキとブースターパックを合わせて組むことができるので、レベル・ネオを始めたばかりで、デッキの作り方がわからないプレイヤーも、今回の攻略記事を是非とも参考にしてみてください。

 

「忌ブキ」デッキ

 

「忌ブキ」デッキのポイント

△01-001「忌ブキ」 △01-002「忌ブキ」

今回紹介するデッキのポイントはこの2つ!!
(1)01-001「忌ブキ」の、自分のキャラが捨て札になるごとにAPが強化される効果で、相手のキャラのターゲットにされにくい!
→自分のレベルが減りづらく、自分のターンは高いAPでアタックすることができるので、ゲームに勝利しやすくなっています!

(2)超強力なイベントカード! 01-076「ケイオスドラゴン」を自分のメインキャラに使用して、自分のメインキャラのレベルを上げつつ相手のメインキャラのレベルを下げる強力な動き!
→自分と相手とのレベル差がつくことで、一気に勝利に近づけます!
 
上記のポイントを、01-001「忌ブキ」や01-002「忌ブキ」の効果でゲームを有利に進めるデッキです。

 

<turn1~2>の動き

△01-004「エィハ」 △S1-002「エィハ」
△S1-005「メリル」

turn1~2の動きは、バトルに敗北しても捨て札にならない効果を与えるS1-002「エィハ」や、バトルに勝つとAPを強化できる01-004「エィハ」でアタックしましょう。
2ndメインフェイズにS1-005「メリル」を登場させれば、アタックしたキャラを活動状態にできるので相手からターゲットにされず、また、自分のキャラをカバーできるのでオススメです。

 

<turn3>の動き

△01-008「エィハ&ヴァル」 △01-003「忌ブキ」
△01-028「可イ」 △01-002「忌ブキ」
 
△01-007「エィハ&ヴァル」  

turn3の動きは、キャラの登場枚数の制限には含まれない効果を持つ01-008「エィハ&ヴァル」、01-028「可イ」などを登場させ、01-001「忌ブキ」や01-002「忌ブキ」の効果を使用しましょう。更に、01-003「忌ブキ」の条件を満たせれば、自分のキャラのAPを強化することもできます!
活動状態の相手のサポートキャラを狙うことができる01-002「忌ブキ」や01-007「エィハ&ヴァル」で、相手のカバーできるキャラの枚数を減らすことができれば、より相手のメインキャラのレベルを減らすチャンスが生まれます!

 

ゲームに勝利するために


△01-077「沐浴」

 


△01-079「契約の成立」

 


△01-076「ケイオスドラゴン」

 

1枚で2枚のキャラのAPを強化する01-077「沐浴」と、自分の「忌ブキ」1枚にAP+1500、条件を満たせば手札の消費を抑えることもできる01-079「契約の成立」を状況によって使い分け、相手キャラとのバトルを有利にしましょう。
01-076「ケイオスドラゴン」は、自分のメインキャラを指定して、メインアタックをすれば相手のサポートキャラに妨害されずに相手のメインキャラのレベルを下げることができる強力なイベントカードです! 使用したターンは、確実にバトルに勝利するためにコンビアタックをしましょう! また、レベルバーストテキストもAP+5000と非常に高いので、『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』のデッキには必ず3枚入れましょう!!

 

おわりに

如何でしたでしょうか?
今回は『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』「忌ブキ」デッキを紹介させていただきました。
紹介した以外のデッキを構築することもできますので、是非とも買って遊んでみてください!!


banner_NEO